貴賓室

貴賓室 松風

三間続きの贅沢な造りのお部屋「松風」は明治時代、旧黒田藩(黒田家)が大磯に構えていた別邸に明治天皇をお迎えする為に、特別に作り上げたお部屋です。
大正時代に三井財閥の手によって、陣屋へ移築されました。随所に当時の技術や贅を尽くし、黒田家の力の入れようが感じられます。
旅館創業当時からの将棋の対局戦の場として使われてきましたが、現在は客室としてもご案内しております。

離れのお部屋のため、静かな環境でお過ごしいただくこともできますし、また反対にお子様連れで賑やかにお過ごしいただいても安心な環境です。

お風呂はゆったりとしたサイズの総檜露天風呂を設置。
脱衣所からシャワールームを抜け、露天風呂に出られるようになっているため、冬でも温かくご利用いただけます。

濾過や消毒装置は無く、温度維持のための加温と、溢れたお湯を新しい源泉の補給するシステムとなっております。
また、お客様ごとに新しい源泉でお湯を張りなおしているため、清潔なお湯をお楽しみいただけるところにこだわりをもっております。

お部屋の設備はこちら アメニティの詳細はこちら

間取 一の間+二の間+三の間+総檜露天風呂
バスルームはシャワールーム&露天風呂


貴賓室のお部屋

客室一覧に戻る