館内施設

丹沢を背に並ぶ館は伝統と歴史の重みのある、純和風。陣屋ならではのおもてなしをお楽しみください。

丹沢を背に並ぶ館は伝統と歴史の重みのある、純和風。
戦国の世を思わせる骨太いたたずまいと雅な意匠。
部屋の窓を開け放てば花々の薫り、野鳥の声、虫の音と季節の息吹に満たされくつろぎも、趣深いものに。
また、お客様をお迎えし、お送りする陣太鼓の音も陣屋ならではのおもてなし。

1万坪の庭園

1万坪の広さを誇る庭園に、一歩足を踏み入れれば、そこはもう別天地。
ここは失われつつある日本の自然が息づいています。

桜が咲き、沢蟹がたわむれ、
蛍が舞い、鳥がさえずる。

一万坪の庭園に息づく自然に護られるように、いくつもの物語が、陣屋には集います。
草花や生きものたちを眺めてみたり、歴史を刻んだいくつもの物語に想像を巡らせてみたり。
陣屋での一日を、どうぞごゆるりとお過ごしください。

1万坪の庭園で、四季折々の陣屋の顔をお楽しみください。

歴史

百年以上に及ぶ、陣屋の歴史。 代々の当主が少しずつ収集してきた古美術品を 館内に展示しています。
毛利元就や宮本武蔵にゆかりのある武具をはじめ、 武田家伝来の鎖帷子や、上杉謙信の十字の槍など
鎌倉時代や戦国時代の貴重な品々を現代に伝えています。
滞在の合間に是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

この地の歴史

この陣屋の地は鎌倉幕府の時、源頼朝の側近で四天王の一人と言われた侍所別当 和田義盛公の陣地でした。 侍所別当とは、現在の警視総監に当たる役職です。 一番西の砦である義盛公の陣地は、平塚の岡崎氏 真田神社のある真田氏と義盛公の従妹達が守っていました。 そして、「いざ鎌倉」と、頼朝の号令がかかるまで、畑を耕し、山に潜む猪や鹿を取り、食し、野山を駆け巡り体を鍛えておりました。

この地に陣屋を構えたのは豊かな温泉が湧いていたことと、弓矢に使う矢竹が豊富に取れた為と思われます。

和田一族は屈強のつわもの揃いで多くの手柄をたてており、小田原の北条氏に敗れるまでこの地を治めておりました。この近くの 西光寺には、和田家の墓もあります。(義盛公のものはありません)。
ロビー内の展示、玉兎の盃は和田義盛公と曽我兄弟がお酒を酌み交わした盃です。 曽我氏は現在の小田原にある曽我の梅林で知られる地に住んでおりました。

「いざ鎌倉」の時、馬に乗り半日で駆けつけたと言われております。

陣屋の歴史

丹沢山麓にあたる当地は沢山の湧水に恵まれており、昔から温泉が湧いておりました。 陣屋は大正7年、三井財閥の御寮(別荘)「平塚園」として始まりました。

当時、平塚 大磯には政治家の別荘が数多くあり、政治の舞台裏として活発に活動していました。その為、三井財閥が平塚の奥座敷であり、温泉の湧く(鶴巻)和田義盛公の跡地に大切なお客様を接待する為に建てたのが始まりです。小田急線が引かれる前の事です。

平塚には海軍の火蒸廠があり、海軍の将校達が馬車で来館し、大正の初めから終戦まで続きました。大正の終わり頃から旅館として営業していましたが、戦時中軍に接収され、病院となり多くの兵隊が温泉に入り、傷を治しておりました。 「陣屋」として生まれ変わったのは、昭和になってからです。 当館にある「松風の間」は明治天皇が宿泊をするために黒田藩が大磯に建てたものを三井家が現在の場所に移築したものです。

その「松風の間」と一緒に「竹河の間」も移築されました。 当時、池の中の椎の木のまわりは馬車まわりになっており、「竹河の間」は玄関になっていた建物です。現在では大広間として改築されております。 そして、椎の木は何度も落雷を受け幹が折れたにも関わらず、現在も元気に生きています。

物語に息吹を

陣屋の美しい自然と歴史をイラストでご紹介致します。
こちらのイラストの絵葉書も陣屋にてお買い求めいただけます。

いますぐ空室を確認

プラン一覧 予約変更

休館日のご案内
陣屋おすすめ情報
【元湯陣屋】日帰り温泉と個室でゆったりと特選会席プラン(日帰り・2名様)

【元湯陣屋】日帰り温泉と個室でゆったりと特選会席プラン(日帰り・2名様)

朝日新聞一面トップ記事に取り上げられました

朝日新聞一面トップ記事に取り上げられました

陣屋のおせち料理

陣屋のおせち料理